ロスカットとは?

FXをやっていると、「ロスカット」という言葉をよく見かけますね?


いろいろなブログを見ていると、


「ロスカットされました・・・・」

「もうロスカット寸前、自爆します」


とか、明らかにネガティブイメージの言葉です。(笑)




ロスカットというのは、例えば・・・そうですね。


あなたの口座に10万円入っているとしましょう。
そのうち、証拠金として5万円使っています。


そして、1銭で500円動くような取引をしていたとしましょうね。(怖!)




さて、このとき。


仮に「1円」の値動きがあり、あなたがその分損失が膨らんでいた場合、1銭で500円動いているわけですから「マイナス5万円」になっています。

※言わずもがなですが100銭=1円です。


ここでロスカットの登場です。

たいてい、ロスカットにはパーセンテージが一緒に書いてありますが、


「ロスカット率 100%」の場合

→上記のように、証拠金の5万円より残金が少なくなったら強制決済。


「ロスカット率 50%」の場合

→残金が証拠金の50%、つまり2万5000円をきった時点で発動して強制決済。



みたいな感じになります。


FXをやっていると、一時的に損が出ていてもそこから盛り返してプラスで終わることが多々ありますが、なぜか損失を出すときはあっという間に損失が膨らみます。(笑)



「あー!今、逆に売って(買って)おけば!」


みたいな経験は誰でもやっています。^^;




まぁ、それはそれとして、もし、このロスカットがなかったらどうなるでしょう?


そう、気が付いたらマイナス数十万円や数百万円になってしまい、口座がマイナスなために新しく買うことも売ることもできず、ただ呆然と画面を見ていることになります。


と、いいますか、普通であればマイナスになった時点でFX会社にその分を追加入金しなければいけません



ところが、このロスカットがあるがために、逆に資産が守られることになるのですね。^^




たしかに、損が膨らんでいったら


「いや、きっとまた逆にマイナスが減っていくはず・・・」


と期待しながらチャート画面をずっと眺めることになると思いますが、そうではなく、ロスカットまでいかないようにサックリと損失を確定させたほうがはるかにお得です。


これができないと、FXも「かならず負ける丁半のバクチ」と変わらなくなってしまいますからね。^^;



なぜ負けるかは考えてみてください。(笑 ヒント:スプレッド



ちょっと話がそれましたが、ロスカットとは


「損失がある一定の金額(パーセンテージ)まで下がったときに強制決済されること」



なのです。




なので、ヘタに売りっぱなしや買いっぱなしにしたまま寝て、朝起きたらお金がすさまじく減っていた・・・・。



なんてことがありえるのです。



といいますか・・・・。


私はそれで最初の14万円をなくしています。^^;




資金がいっぱいあって、その資金のごく一部だけを証拠金として使うような状態にならない限りは、ポジションをもったままパソコンを放置するのは危険ですのでやめておきましょうね。



そういうときの注文の仕方というのがあるのですが、それはまた他の項で。  

 


日本ぶろぐ村のFXの基礎知識カテゴリーに参戦中です。
お気に召したら応援いただけるとやりがいがあります。^^
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村