FX ポジションとは?

FXというのは、簡単にいいますと・・・。


お金でお金を売り買いすることです。^^




日本の人なら、『円』で『ドル』を買うというのはわかりやすいかもしれませんね。

でも、通貨というのはいろんな種類がありまして、ユーロでアメリカドルを買う、なんてことも一応できます。


まぁここの本題ではないので話ははしょりますが、FXをはじめてみると面白いことに気付きます。


たとえば『ドルを買いました、それを売りました』というのは感覚的に『それはできるよね』というのはおわかりになるかと思います。


しかし、FXの取引では


『ドルを売りました、そしてそれを買いました』ということもできるのです。


ん???????




不思議ですね。

もっても無いものを売れるのです。(笑)


どういうときにこれを使うのかといいますと・・・・。

値段が下がっているときに『先に売る』ことで『利益を得る』ことができるのです!



たとえば(あくまで例えです)、1ドルが100円のときに100円で1ドルを買ったとしましょう。


1時間後に、1ドルが90円になっていたとします。


さて、ここで持っていたドルで「円」を買ったらどうなるでしょうか?




そう、もちろん『90円になって戻ってくる』が正解ですね。


これをやると10円分だけ損をします。(笑)



では逆に・・・・。


1ドルが100円のときに100円で1ドルを『売っておきます』。


1時間後、ドルが90円になりました。



ここで1ドルで『円』を買うと・・・。


1ドル=90円ですから、1ドル持っていれば『111円分の円』買えることになります。(100を90で割れば1.11。つまり111円分ですね)



そう、この「売る」「買う」という行為をしたあとに、「売った後に買わずに持っている」「買った後に売らずに持っている」という状態をポジションというのです。


先に「買って」おけば『買いポジション』


先に「売って」おけば『売りポジション』




というわけです。



基本はやることは「買う」か「売る」かのどちらかしかありませんので、やることは非常に単純なのですが・・・・・。





「値段が上がる!」と思って買っておくとどんどん値が下がったり、「値段が下がる!」と読んで売っておくとどんどん値が上がったり・・・・。



私の場合(今もですが)、なぜかことごとく逆に動いて損をするので、世界中の人間が一斉にしめしあわせて


「おい、あいつが買ったから値段下げてやろうぜ」


と、打ち合わせをしているのではないかと思うほどです。






という話はさておき、ポジションについてはおわかりいただけましたでしょうか?^^  

 


日本ぶろぐ村のFXの基礎知識カテゴリーに参戦中です。
お気に召したら応援いただけるとやりがいがあります。^^
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村